「もう仕事したくない~」

最近、毎日のように僕の頭の中を駆け巡っているセリフです…

一週間で心穏やかに過ごせるのは、金曜日の夜から日曜日のサザエさんの時間までですよ…。あとはストレスしか感じません…

仕事をせず、のんびりだらだら暮らしていく方法はないものだろうか?

…と考えながら書店をぶらぶらしていると一冊の本が目に留まりました。

それがコチラ!

書籍「サラリーマンのままで副業1000万円」の表紙

マジメ系クズでもできる消耗しないで稼ぐ極意 サラリーマンのままで副業1000万円

心地よい響きです。特に「マジメ系クズでもできる」というのと「消耗しないで稼ぐ」というのがいい!

さっそく購入して読んでみました。今回はその感想を書いていきます。

スポンサーリンク

キーワードは[複収入>生活コスト]

さっそくですが、この本から引用した文を少しばかり紹介します。

たいした才能や能力を持ち合わせないけど「ぐーたら暮らしたい」などという意識の低い私の願い…

ー「サラリーマンのままで副業1000万円」P.39よりー

 

「他人はできるが、自分にはできないこと」って、私のような残念な人間ともなると、けっこうたくさんあります。

ー「サラリーマンのままで副業1000万円」P.81よりー

 

「相場で大儲けしたいのではない、心安らかにニート生活が送りたいのだ」

ー「サラリーマンのままで副業1000万円」P.121よりー

とても他人が書いた本とは思えません。まるで僕の心の声を代弁したかのようなセリフばかり並んでいます。

そんな感じで自分ごとのように読んでいくと、一つのフレーズが頻繁に目に入ってきます。

[複収入>生活コスト]

この本の各所でこのフレーズが出てくるのですが、これってかなり重要な公式ですよね。

簡単に説明すると、「複収入」とは株式投資や不動産投資などの資産運用から得た本業以外の利益のことです。そして「生活コスト」は文字どおり自分が生活していくうえで必要なお金を指しています。

つまりこの公式は『「複収入」が「生活コスト」を上回れば、現在の本業をリタイアしても食べていけます』という意味なのです。

言われてみれば当たり前のことですね。「こんなの言われなくても分かってる」っていう人もいるかと思います。僕も同感です。

ただ、いままでは頭も中で漠然と考えていただけで、こうして活字にして明確に表現したことはありませんでした。

活字にすると理想の状態をよりはっきりとイメージできます。

このへんが目標を達成していく人といつまでも達成できずにいる人の違いなんですかね?

まずは節約から

この本では最初に「生活コスト」の見直しを説いています。つまり「節約」です。

何の資本も持たない人にとって、最初は「本業の収入>生活コスト」の状態にして余ったお金を株式投資や不動産投資などの資産運用に回していくことが、「複収入」を増やしていく大前提となります。

仮に不等式が「本業の収入<生活コスト」と反対を向いていたら話にならないというわけですね。

逆に「本業の収入>生活コスト」の差が大きければ大きいほど「複収入」も早く増やしていけるということです。そのためにまずは「節約」をして不要な出費を無くしましょうと。

これも当たり前の話で、わざわざ説明するほどのことではないのかもしれません。

ですがこの本のいいところは、それを平均的な収入の人の目線でわかりやすく書いているところです(ちなみに日本の労働人口の約4割が年収300万円以下なんだそうです)。

「生活コスト」を見直した後の第2段階として、株式投資や不動産投資の手法についてももちろん書かれていますがそれも分かりやすく、読んでいて自然と頭に入ってくる感じがします。

この本のターゲットですが、本業のみで年収1000万円以上稼いでいるような上流階級の人にはあまり参考にならないかもしれません。

逆に僕のように「現在の収入は少ないけど、それでも今の仕事をアーリーリタイアしたい!」という人はもとより、これから虎の子の余剰資金を活用して将来のために資産運用を始めてみようという人にも、この本はよいバイブルになるのではないかと思います。

現在の僕の状況

最後に現在の僕の状況を軽く見直してみます。

まず「本業の収入>生活コスト」は余裕で達成しています。

そして「複収入」ですが、これは全然話にならないくらい少ない!この本に書いてある通り、まずはコツコツと余剰資金を資産運用に回していくしかなさそうですね…

ちなみに「生活コスト」の方も改めて見直してみたところ、どうやら僕はお菓子の買い食いが多いみたいです。

その要因を自分なりに分析したところ、僕が元々お菓子が好きなのと、仕事のストレスでつい手が出てしまうのが主な要因なのではないかなと…。特に仕事終わりに手が出てしまっているので…。

ためしに仕事終わりのお菓子にかけているお金をザックリと試算してみたところ、ひと月当たり約1万円になりました(計算式は「一日あたり500円×月から金の5日間×4週間=1万円」です)。

これって多分お菓子の食べ過ぎですよね?お金もかかるし健康にも良くない。なんとかしてお菓子の量を減らしたいところです。