厳島神社

北海道函館市にある厳島神社に行きました。

社殿
社殿

厳島神社は全国各地にありますが、函館にもあるのです。

創建は江戸時代前期といわれ、元々は弁天社と称されていました。

幕末にこの付近に造られた弁天台場の名前のもとは、この弁天社からきているそうです。

弁天台場(北海道函館市)を訪問

場所は何度か移され、現在地には慶応2年(1866年)に移ってきています。

弁天社は明治4年(1871年)に市杵島(いちきしま)神社と改められ、明治35年(1902年)に厳島神社と改称されました。

建物は明治40年(1907年)の大火後、大正4年(1915年)に建てられたものです。

ここには古い建造物が多く、文政6年(1823年)の手水石鉢、天保8年(1837年)の鳥居、嘉永7年(1854年)の方位石があります。

御祭神

ここの御祭神は「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」です。

市杵島姫命は宗像三女神と言われる三姉妹の神さまの一人で、その中でも随一の美しさを誇る超絶美女だとか…

また市杵島姫命は「水の神さま」とも言われています。

御利益

御祭神の市杵島姫命には、海上安全・商売繁盛・知恵・技芸・音楽・金運アップ等々、多くの御利益があります。

御朱印

御朱印
御朱印

フォトギャラリー

周辺マップ

厳島神社の住所は「北海道函館市弁天町9」です。

函館市電の函館どつく前のすぐ近くなのですぐ分かります。

その他詳細は下のGoogleマップを参照して下さい。