仮想通貨を取引している人であれば、仮想通貨の一つであるリップル(XRP)もご存知のことと思います。

そして、リップルを取引できる取引所の一つにリップル東京JPY発行所があります。

今回は、そのリップル東京JPY発行所の口座開設手順についてまとめました。

なお、この口座を開設するまでの手順は長いので、前編と後編に分けて書いていきます。

スポンサーリンク

「GATEHUB」でウォレットを作成する

リップル東京JPY発行所に口座を開設するには、まずGATEHUB」でウォレットを作成するところから始まります。ですので、初めに「GATEHUB」にウォレットを作成する手順から説明していきます。

 

初めに、リップル東京JPY発行所のサイトにアクセスします。そしてリップル東京JPY発行所のサイトにアクセスしたら、「GATEHUB」のところの「Wallet」をクリックして「GATEHUB」のサイトへ。

リップル東京JPY発行所

 

「GATEHUB」のサイトに入ったら、右上の「Sign Up」をクリック。

GATEHUB

 

すると「GATEHUB」の新規登録画面に移動するので、必要事項を入力。

GATEHUB

 

ここで表示される「RECOVERY KEY」は、メモを取るなどをして確実に残しておきます。

GATEHUB

 

次に、先ほど登録したメールアドレスのフォルダを確認。すると、以下のようなメールが送られてきているはず。

メールアドレス

 

今度は、「GATEHUB」のログイン画面になります。

GATEHUB

 

ログイン出来たら「WALLET」をクリック。

GATEHUB

 

ここからは新規ウォレットの作成手順になります。

GATEHUB

 

初めにパスワードを入力。なお、パスワード入力画面が出ないときもあるので注意。

GATEHUB

 

次にウォレットの名前を入力。ウォレットの名前は何でも良いですが、ここで作成したウォレットをメインで使用していくことになるため、自分が把握しやすい名前にしておいた方が良いです。

GATEHUB

 

ここで、作成したウォレットの「Wallet address」をメモなどを取って覚えておきます。

GATEHUB

リップル東京JPY発行所に新規登録する

ここまで来たら、次はリップル東京JPY発行所に新規登録します。引き続き、順を追って説明していきます。

 

再度、リップル東京JPY発行所のサイトにアクセス。今度は「新規登録」のボタンをクリック。

リップル東京JPY発行所

 

「基本情報登録」に必要事項を記入。リップルアドレスには、先ほど「GATEHUB」で作成したウォレットの「Wallet address」を入力。

リップル東京JPY発行所

 

直前の手順で登録したメールアドレスにメールが送られているはずなので、そのアドレスを確認。

リップル東京JPY発行所

 

登録したメールアドレスを確認すると下のようなメールが送られてきているはずなので、そのメールの中の青字で書かれているアドレスをクリック。

リップル東京JPY発行所

 

下の画面になったら先ほど登録したパスワードを入力。

リップル東京JPY発行所

 

本人情報登録画面になるので、必要事項を入力。

リップル東京JPY発行所

 

注意事項を確認してチェックを入れ、確認画面ボタンをクリック。その後、確認画面で誤りがなかったら登録ボタンをクリック。

 

リップル東京JPY発行所

 

次は銀行情報登録です。同じように必要事項を入力し確認画面ボタンをクリック。その後、確認画面で誤りがなかったら登録ボタンをクリック。

リップル東京JPY発行所の口座開設手順(前編)

 

今度は身分証と住所証明書のアップロードです。なお、アップロードできるファイルは「1MB以下のjpgファイルのみ」となっているため注意。

リップル東京JPY発行所

 

身分証と住所証明書のアップロードが完了すると、下の画面になります。

リップル東京JPY発行所

 

ここまでで、前編終了です。

引き続き後編へ

ここまでが、リップル東京JPY発行所の口座開設手順の前編になります。

ここまで終わったら、防犯コードの書かれた書類が送られてくるのですが、それが届くまでに約1週間かかるのでそれまで待機となります。

防犯コードの書かれた書類が届いて以降の手順については、リップル東京JPY発行所の口座開設手順(後編)を見て下さい。

リップル東京JPY発行所の口座開設手順(後編)