今回はリップル東京JPY発行所口座開設の後編です。後編では、防犯コード認証~入金までの流れについて説明していきます。

なお、防犯コード認証に入るまでの手続きは『リップル東京JPY発行所の口座開設手順(前編)』に書いたので、そちらを参照して下さい。

リップル東京JPY発行所の口座開設手順(前編)

スポンサーリンク

防犯コード認証の手順

まずはリップル東京JPY発行所のサイトにアクセスし、その後リップル東京JPY発行所にログインします。

リップル東京JPY発行所

 

「防犯コード認証」のところをクリック。

リップル東京JPY発行所

 

リップル東京JPY発行所から送られてきた書類に書かれている「防犯コード認証」の番号を入力し、送信。

リップル東京JPY発行所

 

無事に防犯コードが認証されると以下の画面になるので、その後「Topへ戻る」をクリック。

リップル東京JPY発行所

 

入金の手順

次に、お金を入金するための手続きに入ります。

このままでは、まだお金を入金することは出来ません。

なお、この先の手順については、本登録されて「22XRP」のプレゼントを受け取った後でないと進むことができないので注意して下さい。

まず、画面右の「入金」ボタンをクリックします。

リップル東京JPY発行所

 

続いて「GATEHUB」側の「Walletを開く」をクリック。

GATEHUB

 

「GATEHUB」にログインし、画面左側の「WALLET」をクリック。その後、リップル取引で使用するウォレットを選択して、画面右下の「Advanced」をクリック。

GATEHUB

 

「SET TRUST」をクリック。

GATEHUB

 

パスワードを入力。入力するパスワードは「GATEHUB」にログインする時のパスワードになります。

GATEHUB

 

ここで「Ripple Address」と「Currency Code」を入力。

ちなみに…

  • 「Ripple Address」は、” r94s8px6kSw1uZ1MV98dhSRTvc6VMPoPcN
  • 「Currency Code」は、” JPY

…となります。

GATEHUB

 

「Set Trust」に成功したら、いよいよ入金です。リップル東京JPY発行所のサイトに戻り、再度「入金」をクリック。

リップル東京JPY発行所

 

すると、今度は下の画面になるはず。下の画面になったら、入金予定金額を入力して「計算する」をクリック。

リップル東京JPY発行所

 

すると、確認画面が現れるので、下方の確認ボタンをクリック。すると、振込先が登録したメールアドレスに振込先が送られてくるので、登録した銀行口座から示された振込先にお金を振り込んで入金完了です。

リップル東京JPY発行所の口座開設完了

ここまでくれば、自由にリップルを取引できるようになっているはずです。

ただしリップル東京JPY発行所は、その名の通りリップルしか取引できないという欠点があります。

今は知っての通り様々な仮想通貨が存在していて、リップルを含めた複数の仮想通貨を取り扱っている取引所が他にもあります。

ですので、もっと色々な仮想通貨を効率よく運用したいという人は複数の仮想通貨を取り扱っている取引所で口座を開設した方が良いかもしれません。

逆に、投資する取引所を分散させることで倒産リスクなどに備えたいという人は、リップル東京JPY発行所での口座開設を考えてみてもいいのではないかと思います。