皆さんはコーヒーをよく飲まれますか?

僕はよく飲みます。むしろコーヒーしか飲まないぐらいの勢いです。

そんな感じですので外出すると、しょっちゅうコーヒー店に立ち寄ってはコーヒーを飲んでいます。ちなみに僕が最近よく行っているのは、スタバ・ドトールコーヒー・珈琲館ですね。

そして大手のコーヒー店ともなるとそのグループ独自にプリペイドカードを発行しているものですが、今回はその中からUCCグループ系列の上島珈琲店や珈琲館などで利用できるプレシャスカードを紹介します。

下の写真は僕が所有しているプレシャスカード。

管理人が所有しているプレシャスカード

このプレシャスカードは大分前に作ったものなので、すでにデザインが古くなっています。最近は新しいデザインのものが発行されているようなので、詳しくはプレシャスカードのサイトを見て下さい。

⇒プレシャスカードのサイトへ

さてプレシャスカードのサービス内容ですが、当然のことながらほとんどのことはプレシャスカードのサイトに書いてあります。

ではなぜわざわざブログに書くのか?

それは次のことが知りたかったからです。

クレジットカードでプレシャスカードにチャージすると、クレジットカードにポイントは付与されるのか?

もうこの記事で伝えたいことはこの一点だけですね(笑)

…というわけで気長にお付き合いください m(_ _)m

スポンサーリンク

プレシャスカードの特徴

まず始めに、プレシャスカードの特徴について簡単に書いていきます。

ポイントの貯め方と還元率

ポイント還元率は以下の通りになります。

  • 1000円チャージ      → 2%
  • 2000円チャージ      → 3%
  • 3000円以上チャージ → 5%
  • 利用金額の支払時     → 5%

利用金額の支払い時はもちろん、チャージする時にもポイントが貯まるのはいいですね。チャージする時にポイントが貯まるカードは希少種なのではないかと思います。

そんなカードですので、他のカードと比較してポイント還元率も相当高くなってきます。

ちなみに最大では、3000円以上チャージ時の5%に加えて利用金額の支払時に5%で合計10%のポイント付与になります。

入金している電子マネーとポイントの利用期限

プレシャスカードは入金している電子マネーは、最後の入金及び利用日から1年間入金や利用がないと、残高の有無によらず無効となるようです。その際は残高の払戻しもしないようなので注意しなければなりません。

もっとも最後の入金及び利用日から1年間ですので、僕のように外出するたびに立ち寄るような人には利用期限の心配は不要でしょう。

クレジットカードでプレシャスカードにチャージすると、クレジットカードにポイントは付与されるのか?

ようやくこの記事の本題に入りました(^^)

そもそもプリペイドカードには、クレジットカードを使用してチャージできないもの、またはクレジットカードを使用してのチャージは出来るがクレジットカードにポイントのつかないものがあります。

分かりやすい例では、セブン&アイが発行している「nanaco」がそれにあたります。

そこでプレシャスカードはどうなのか検証してみました。

結論

いきなりですが結論です。

プレシャスカードの場合は、クレジットカードでチャージするとプレシャスカードにポイントが貯まるのと同時にクレジットカードにもポイントが加算されます

つまり、プレシャスカードにチャージする際はクレジットカードを使ってチャージした方が断然良いということです。

*ポイントが加算されていることが確認できるクレジットカード利用明細書については、後日掲載します。

なお今回この検証で使用したクレジットカードは、ジャックス発行のリーダーズカード(Readers card)です。

クレジットカードでチャージする時は、オンラインチャージを利用する

最後にクレジットカードでチャージする方法を説明します。

プレシャスカードにチャージする方法には、店舗でチャージするやり方とインターネットでチャージ(オンラインチャージ)するやり方の二通りの方法があります。

また入金についても、現金で入金するかクレジットカードで入金するかの二通りの方法があります。

しかしクレジットカードでチャージする場合、店舗でチャージすることは出来ません(店舗でのチャージは現金オンリーです)。

よって必然的に、クレジットカードでチャージしたいときはオンラインチャージを利用することになります。

プレシャスカードのオンラインチャージは、プレシャスカードのサイトで出来るのでそちらで行ってください。

まとめ

プレシャスカードにチャージする時は、クレジットカードでチャージしましょう!

この記事で言いたかったのはこれだけです(笑)

ここまで読んでいただきありがとうございました m(_ _)m