今回検討する碁は「 自戦打碁集 第1局 」です。

今回から囲碁ブログを始めました。

このブログのコンセプトは、自分の対局を「天頂の囲碁6 Zen」の検討機能を使って振り返り、気付いた点や反省点などを綴っていく、いわば自戦打碁の備忘録ブログです。

それ以外にも、僕がよく読んでいる囲碁関連の書籍なども紹介していきたいと考えています。

そんなわけで、さっそく自戦打碁集の第1局を検討していきます。

スポンサーリンク

第1局「Zenによる検討」

局面(1)

第1局1図
1図(実戦)

この碁は僕の白番。 右下で 二間高ガカリ を使いました。

そして局面は進んで、白▲を打ったところです。 目的はもちろん、上辺黒2子への攻めです。


第1局2図

2図(1図の続き)

黒は攻められることを恐れたのか、左辺を受けずに上辺を黒1からサバいてきました。

石の流れで白8まで、黒1子を取り込んでいます。


第1局3図

3図(2図の続き)

2図から数十手進んだ局面です。

左辺上の黒1子も切り離し、この辺りで形勢は白が良いと感じていました。

この時点でのZenの評価値は[ 黒44・白56 ]です。


第1局4図

4図(2図の変化図)

2図の変化図です。

対局中は、黒はこのように打ってくるのではないかと考えていました。 この後、上辺の黒2子を攻めていく予定でした。


第1局5図

5図(Zenの推奨手)

Zenの推奨手は、5図の黒1。 この間を割いて戦おうということなのでしょう。


第1局6図

6図(5図の続き)

5図の後の予想図です。 白石が切り離されて、これじゃどっちが強い石か分かりません…

Zenの評価値も[ 黒50・白50 ]です。 いつの間にか形勢不明になっています。

どうやら、1図(実戦)の白▲は打ちすぎだったようです。

局面(2)

第1局7図
7図(実戦)

7図の白1は、総譜の166手目になります。 この手で上辺の黒の一団を攻めようとしました。


第1局8図

8図(7図の続き)

黒2~黒8まで簡単に生きられてしまいました…。

対局中は、この黒2~黒8までの手順を見損じていたのです。


第1局9図

9図(7図の変化図)

ここは、白1のブラサガリで攻めるべきでした。

これなら白は、実戦よりも厳しく攻めることが出来たと思います。

終局図

第1局
272手完 白8目半勝ち

最後は、中央のヨセで少し損をしましたが、運よく勝てました。

スポンサーリンク

第1局 総譜

 

 

まとめ

  • 黒は41手目からの打ち方がまずく、自然に白が優勢になった。
  • ただし白40も打ちすぎ。 5、6図のようになっていたら形勢不明だった。
  • 白166は失着。ここは9図のように打つべきだった。ここを逃して形勢が接近したように感じる。