今回検討する碁は、自戦打碁の 第11局 である。

今回も〈天頂の囲碁6 Zen〉の検討機能を使って見ていく。

第11局は中盤以降、優勢に局面を進めていたが…

スポンサーリンク

第11局〈Zenによる検討〉

局面(1)

第11局1図

1図(実戦)

この碁は、最近ハマっている 二間高ガカリ を使用。

…で、いきなり黒5とツケられたところである。

このツケは、今まで打たれた記憶がないので、対局時はどう打てば良いのか分からなかった。

よって、ここである程度、整理しておく。


 第11局2図

2図(1図の続き)

まずは実戦の流れから。

この後、白は白20で黒2子を取り、黒は左下隅に先着している。

その時点でのZenの評価値は〈黒50・白50〉。 特に問題はないようである。


 第11局3図

3図(変化図1)

ここからは変化図をいくつか並べていく。

まずは、白1とハネる手から。 ほとんどの人は、まず最初にこの手を考えるのでは?

その後、黒2とキリ、黒6までとなれば実戦と同じ形である。 そして、下辺の切り離している黒1子を取りに行けば実戦と同じ流れになる。

では、ここで白7とハッたらどうなるか?


第11局4図

4図(変化図1-1)

黒8と受けると、白9と黒1子を取ることになる。

白7とハッている分、白が若干得をしているかもしれない? …が、この図は実戦とあまり変わらない。

そして、4図のZenの評価値は〈黒50・白50〉である。


第11局5図

5図(変化図1-2)

こちらは、白7とハッたときに黒8と白1子を切り離した時の変化図。

黒12で白1子は取られるが、白は左下隅に先着できる。

この図のZenの評価値も〈黒50・白50〉である。


第11局6図

6図(変化図2)

続いて、2図の黒7(6図の黒2)と割り込まれた時の変化である。

実戦は黒4のところをキッたけれども、むしろここは白3と上から抑える方が普通かも…。

…で、白3と上から抑えると黒12までが想定される。

なお、白11はZenの候補手に出てこなかったが、ここではあえて載せた。 僕は、この手のケイマが大好きなのだ。

そして気になる、Zenの評価値は〈黒47・白53〉で、白が少し良くなっている。

ただ、Zenは外周りの厚みを高く評価する傾向があるようなので、このあたりの評価は好みの問題なのかもしれない。

局面(2)

第11局7図
7図(実戦)

局面は大分進んで、現在は左辺の白模様に入ってきた黒を攻めているところ。

途中、右辺の黒85は黒の失着。 白86から黒3子を取って右辺の白が安定してしまっては、白の形勢が良いはず。

この時点でのZenの評価値も〈黒35・白65〉で白優勢の数字が出ている。


 第11局8図

8図(7図の続き)

ここで実戦は白1と受けた。 黒に同点に打たれるのが怖かったからなのだが…

すると黒は、黒2~黒8まで連絡。

白9に回れたのはプラスなのだが、黒10から戦いを挑まれてしまった。

左辺の黒が完全に連絡しているので、黒が強く戦えるところなのである。


 第11局9図

9図(Zenの推奨手)

ここは、白1で攻めを継続するべきだった。

黒2とトバれても白3でシノげる。


 第11局10図

10図(9図の続き)

黒4とツグと、白5~白11まで逆に黒3子を取ることが出来る。

つまり現段階で、黒2、黒4は成立しなかった。

どうやら、攻めをあきらめるのが早すぎたようである。

終局図

〈274手完 黒6目半勝ち〉

黒115(8図の黒10)からの戦いで中央の白4子を取られて逆転されたようである。

スポンサーリンク

第11局 総譜

 

 

まとめ

  • 序盤、右下は図6に従えば若干良かった…かもしれない。
  • 黒85は失着。 ここで黒3子を取って白の形勢が良くなった。
  • 白106が妥協しすぎ。 9図に従えば優勢を持続できた。