今回検討する碁は「 自戦打碁集 第14局 」です。

引き続き「天頂の囲碁6 Zen」の検討機能を使って見ていきます。

今回の第14局の検討は、序盤戦に焦点を当ててみていきます。

スポンサーリンク

第14局の検討

Zenによる検討

第14局

1図(実戦)

この碁は5手目で 天元 に打ちました。 序盤の早い段階での天元打ちは、僕が好きな手でたまに打っています。 白6と中国流に構えられても、天元の石が模様化をある程度制限しているのがいい♪ 僕は、相手に模様を作られるのがホントに嫌なのです…。

黒11とハサんだのは、黒17とカカる前提です。 ここで、左下を受けずに白18と打ち込んできました。

局面(1)では、ここでの打ち方を検討します。


 第14局2図

2図(実戦 黒19~白24)

実戦は、まず黒1と連絡。 そして、白が白2~4で下辺の黒1子を切り離し、黒は黒3~5で中央の白一子を切り離す展開になりました。

ですが、黒の打ち方はちょっとマズかったようです。

そもそも黒1から手厚く連絡していったのは、この部分を厚くして、そののちに左下の黒を動き出そうと考えていたからなのですが…


 第14局3図

3図(2図の変化図)

2図の白4で、3図の白4と連絡されると、下辺黒はもう一手必要そうな感じ。

…で、下辺黒に手をかけている間に、白に左下に回られると、実戦と比べて良くなかったような気が…。

そもそも黒1、3がじっくり打ちすぎたみたいです。


 第14局4図

4図(Zenの推奨)

Zenに検討させたところ、2図のところで4図の黒1を示してきました。

この後、下辺はどうなるのか? いくつか想定図を見ていきます。


第14局5図

5図(4図の変化図1)

まずは、白2、4のデギリから。

一番始めに思いつく図でしょう。 対局中は、僕もこの図を真っ先に考えました。

結果は、黒5、白6となって下辺の黒2子が取られています。

黒は先手を取って黒7と両ガカリ。 下辺にできた黒の厚みを生かす意味もあります。

ただ、この図は黒2子を取ったことで下辺の白が完全に生きてしまいます。 よって「この図は天元の黒石が働かなくなるかな~」と思いました。

ちなみにZenはこの図を推奨しています。 5図の黒7が打たれた時点でのZen評価値は[ 黒49・白51 ]。 意外と悪くありません。

確かに、左下の白をうまく攻めることが出来れば天元の黒石も生きてくるかも…


第14局6図

6図(4図の変化図2)

5図の黒3でオサえずにブツカリで受けた図です。

白4からキルと、黒11まで白は2子が取られるものの、先手でシメツケが利いてきます。

対局中は「この図は白2子が取れていいかも~」と思ったのですが、改めて見返してみると、先手でシメツケられて白12に回られてしまっています。

肝心の下辺の白もあまり攻めれそうにない…。 おまけにZenの評価値も[ 黒47・白53 ]で5図より悪い…。  この図はダメでしたね…。

ちなみに、白12はこの局面でのZenの推奨。 左下の両ガカリは怖くないのか? ちょっと謎です。


第14局7図

7図(4図の変化図3)

この図は、対局中の僕の読みの一つ。

黒3とブツかったときに、白4から出られる手が怖かった。 白12までになりそうですけど、この戦いはどうなることやら…。

対局中は、この図が怖くて「黒3はムリ!」と判断しました。


第14局8図

8図(その他の変化図)

これまでに示した図の他に、2図の場面で黒1とコスミツケる手も対局中は考えました。この手も検討してみます。


第14局9図

9図(8図の続き1)

対局中は、白2のハネに対してどう打てば良いのか分からなかった…。

…で、Zen先生に聞いてみたところ、黒3のキリを示してきました。 この手は気が付かなかった…。

その後、白4のノビに黒5とツグとどうなるか…。


第14局10図

10図(8図の続き2)

黒17までが予想図です。 白は捨て石を使って外回りに石を持ってきています。

僕には白の方が形勢が良さそうに見えるんですけど、Zenの評価値は[ 黒50・白50 ]。  意外にも、形勢互角だそうです。


第14局11図

11図(8図の続き3)

黒5で中央にトべば下辺白への攻めを継続できそうです。 ただしこの場合、白6~白10まで左下をほぼ白地にされます。

下辺白への攻めで左下の損をどれだけ取り戻せるかにかかってきそうです。

ちなみにZenの評価値は[ 黒48・白52 ]。 黒が若干苦しいか?


第14局12図

12図(8図の続き4)

最後に、コスミツケに対して白2とノビる変化です。

白14まで黒が先手で厚みを築いて、その後、黒15から白の攻めに回ることになりそうです。

ちなみにZenの評価値は[ 黒49・白51 ]。 どうやらZenは、下辺白を攻める展開を高く評価していないようですね。

まとめ

実戦は、下辺白への攻めにこだわりすぎました。

そもそも下辺の白はそれほど攻めの利く形ではないのです。 Zenの評価値もそれを示しています。

黒は、下辺を先手で切り上げて、左下の両ガカリに回る図(5図)が一番分かり易かったようです。

スポンサーリンク

第14局 総譜

 

 

寸評

  • 黒19のブツカリは甘い。H-4にカケるべきだった。(5図参照)
  • 黒41のサガリも甘い。R-14に打つべきだった。
  • 白の形勢有利(Zenの評価値による)で進む中、白114で白2子を動き出したのが、白はマズかったようだ。 ここから黒が一気に優位になった。
  • 最後は、中央の白石がつぶれる結果となった。 [ 191手完 黒中押し勝ち