ケースに入っている大丈夫御守り

皆さんはブログのバックアップを行っていますか?

やっている人、やっていない人、様々だとは思いますが、ここで僕は声を大にして言います!

必ずブログのバックアップはとってください!

特にテーマファイルを自分でいじっている人は、ブログを運営するうえでの必須項目と言っていいです。

僕もテーマファイルをいじって何度か画面を真っ白にしてしまいました(T_T)。素人のくせに調子に乗って「functions.php」をいじくりまわすからそういう目に合うのかもしれませんが…

バックアップを取っていない状態で画面真っ白にしてしまうと悲惨です。どうしていいか分からず頭の中も真っ白(笑)、そしてブログという名の資産もまっさらな状態になってしまいます(泣)。

そうならないためにも、こまめにバックアップはとるべきなのです。

ここではエックスサーバーでWordPressのバックアップをとる方法を題材にしました。

またエックスサーバーには有料で自動バックアップデーターを取得する方法もあるのですが、「バックアップはとりたいけどお金はかけたくない!」という人のために、手動かつ無料でバックアップをとる方法を紹介します。

サーバーによってバックアップを取る方法は違ってきますが、ブログという大切な資産を守るためにも、定期的にバックアップを取ることを習慣づけていきましょう!

スポンサーリンク

WordPressのバックアップの仕組み

エックスサーバーでWordPressのバックアップをとる場合、『データファイル』と『データベース』の二つをダウンロードします。

この二つにはどんなデータが保存されているのかといいますと…

『データファイル』

  • テーマの設定
  • プラグイン
  • 画像ファイル
    …etc

『データベース』

  • 投稿記事
  • 固定ページ
  • カテゴリー・タグ情報
    …etc

といったところです。

二つもダウンロードすると聞くと「めんどくせー」と思うかもしれませんが、実際にやってみると大して手間はかかりません。

そこはめんどくさがらずにやって下さい。(^^;)

バックアップ手順

『データファイル』のバックアップ手順

まずは『データファイル』のバックアップ手順から説明していきます。

初めにエックスサーバーのサーバーパネルで、「サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力してログインします。

⇒エックスサーバーのサーバーパネルへ

すると次の画面が表示されます。

サーバーパネルのマイアカウント画面

ここでは『データファイル』をバックアップするので、赤枠の「バックアップ」をクリックします。

ちなみに『データベース』をバックアップする時は、青枠の「MySQL設定」をクリックします。こちらは後ほど説明します。

矢印

エックスサーバのデータファイルのバックアップ画面

『ホームディレクトリ』の右欄のダウンロードボタンをクリック。これですべてのドメインのバックアップデータがまとめてとれます。

各ドメインごとにバックアップをとるときは、該当するドメインの右欄のダウンロードボタンをクリックすればOKです。

矢印

データファイルのダウンロード中の画面

この画面になったら自動的にダウンロードが開始されます。

ダウンロードは比較的時間がかかるので気長に待ちましょう。

矢印

ダウンロードが完了したら「PC→ダウンロード」と開いていき、ダウンロードフォルダ内に『×××.tar.gz』というファイルが入っているか確認します。この『×××.tar.gz』というファイルが『データファイル』のバックアップデータになります。

これで『データファイル』のバックアップは完了です。

『データベース』のバックアップ手順

続いて『データベース』のバックアップ手順を説明します。

サーバーパネルのマイアカウント画面

サーバーパネルにログインしてこの画面を出すまでは、『データファイル』のバックアップ手順の時と同様です。

『データベース』のバックアップをとる時は、ここで青枠の「MySQL設定」をクリックします。

矢印

サーバーパネルのMySQL設定画面

次に「MySQLバックアップ」をクリック。

矢印

サーバーパネルのデータベースのバックアップ画面

バックアップをとりたいデータベースの右欄の「圧縮形式」を選択し、「エクスポート実行」ボタンをクリックします。

「圧縮形式」は迷ったら「gz形式」を選択しておけば問題ないでしょう。

矢印

データベースのダウンロード中の画面

この画面になったら自動的にダウンロードが開始されます。

『データベース』のダウンロードは、データ量にもよりますが比較的早く終わります。

矢印

ダウンロードが完了したら『データファイル』の時と同じように「PC→ダウンロード」と開いていって『データベース』のデータがダウンロードされているかチェックします。

『データファイル』のフォルダ名は『×××_〇〇〇.sql.gz』で、『〇〇〇』の部分にダウンロードした日の日付が入っているので、そこも確認しておきましょう。

これで『データベース』のバックアップも完了です。

ブログのバックアップ完了

いかがでしたか?簡単でしょう?

サーバーパネル上でクリックしていくだけなので、マウスを操作するだけですぐ終わります。

最後に一点。バックアップデータが増えてくるとデータであふれかえってゴジャゴジャになってしまいます。

そうならないように、バックアップした日ごとでフォルダにまとめておくと分かりやすいです。

暇な時間を見つけてこまめにバックアップをとるように心がけましょう!