兵庫県赤穂市にある赤穂大石神社に行きました。

赤穂大石神社は「忠臣蔵」で有名な赤穂四十七義士が祀られており、赤穂四十七義士ゆかりの城である赤穂城と隣接した場所にあります。

この記事では、赤穂大石神社の歴史と写真を紹介します。

歴史と概要

赤穂大石神社
赤穂大石神社

赤穂大石神社は「忠臣蔵」で有名な赤穂四十七義士が祀られている神社です。

赤穂義士像その1
赤穂義士像その1
赤穂義士像その2
赤穂義士像その2

参道の両脇には、赤穂四十七義士の像がびっしりと並んでいます。

社殿
社殿

元禄14年(1701年)3月、浅野内匠頭長矩が吉良上野介義央に刃傷に及ぶという一大事件が発生して長矩は即日切腹、浅野家は取り潰しとなり、その後元禄15年(1702年)12月14日の夜、長矩の家臣大石内蔵助良雄ら四十七義士が吉良屋敷に討入り見事主君の怨みを晴らしたというのが、おおまかな「忠臣蔵」のあらすじです。

赤穂事件以降、赤穂浪士を称揚する人々によって旧赤穂城内の大石邸内に小さな祠が設けられ密かに祀られていましたが、明治時代に入り明治天皇の宣旨を契機として明治33年(1900年)に神社創立が公許せられ、大正元年(1912年)11月に赤穂四十七義士命を祀る神社としてご鎮座になりました。

義芳門
義芳門

義芳門は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した、楠木正成公をお祀りする神戸の湊川神社の神門であったのを、昭和17年(1942年)に移築したものです。

明治天皇の思召しで明治5年(1872年)に湊川神社が創立した時に建てられた、欅材入母屋造四脚門の門です。

なお「義芳門」という名前には、義士の忠芳義芳を千歳までも伝えるという意味が込められています。

御祭神

主祭神として赤穂四十七義士命(あこうしじゅうしちしのみこと)のほか、配祭神として浅野家三代士霊(あさのけさんだいしのれい)赤穂森家七代士霊(あこうもりけななだいしのれい)が祀られています。

ここでの森家は浅野家のあとの藩主で、先祖には本能寺の変で討死した森蘭丸もおり、森蘭丸も合祀されているそうです。

御利益

御利益は大願成就及び願望成就です。

赤穂四十七義士が、一年十ヶ月に及ぶ窮乏生活に耐えて主君の仇を討ち大願を成就したことに由来しています。

御朱印

御朱印
御朱印

赤穂大石神社ではオリジナルの御朱印帳も2種類販売しており、そのうちの一つがこちらになります。

御朱印帳の表面
御朱印帳の表面
御朱印帳の裏面
御朱印帳の裏面

この御朱印帳は通常よりも若干大きめのサイズになっています。

フォトギャラリー

周辺マップ

赤穂大石神社の住所は「兵庫県赤穂市上仮屋字東組131-7」です。

駐車場は広いので車で行っても困りません。

逆に最寄り駅の播州赤穂駅からは若干遠いので、車を使わずに行く場合は気をつけて下さい。