北海道釧路市にあるハルトルチャランケチャシに行きました。

春採公園や春採湖に隣接しており、チャシ跡の近くにはボート乗り場もあるので、散策コースとしても最適です。

このページでは、ハルトルチャランケチャシの歴史や写真を紹介していきます。

歴史

ハルトルチャランケチャシ
ハルトルチャランケチャシ

チャランケとは裁判・談判を意味するアイヌ語で、この付近はトーモシリ(湖の中にある島)、イキタラウシ(熊笹がたくさん生えている場所)などと呼ばれていました。

なお以前は鶴ヶ岱(つるがだい)チャランケチャシと呼ばれていたそうで、1916年(大正5年)に発見されています。

春採湖(はるとりこ)のほとりから見ると、チャシが湖に浮かんでいるように見えます。

空濠
空濠

チャシ自体はそれほど大きくなく遺構も少ないですが、壕は二重三重の形で分かりやすく残っています。

フォトギャラリー

周辺マップ

ハルトルチャランケチャシの所在地は「北海道釧路市春湖台1」です。

ここを訪れたら、ついでに景色を楽しんでいくのもいいと思います。