今回の記事は、北海道千歳市にある千歳神社です。

社殿
社殿

この神社の歴史は意外と古く、江戸時代の万治元年(1658年)に弁天堂が建立されたことに始まります。

享和3年(1803年)に思古津稲荷大明神(千歳神社の前身)が建立されました。

「北海道は渡島半島を除いた大部分が明治以降に開拓された」というイメージがある人には(少なくとも僕はそう思っていました)、江戸時代の初期の頃にルーツがあるということに驚くかもしれません。

その後明治の神仏分離などを経て、大正6年(1917年)に社名を稲荷神社から現在の千歳神社と改めています。

ちなみに現在の社殿は、昭和50年(1975年)に造営されています。

御祭神

  • 豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)
  • 伊智伎志摩比売命(いちきしまひめのみこと)

豊受姫大神は「食」の神様、伊智伎志摩比売命は「水」の神様です。

御利益

開運パワーの強い神社。何か物事を決意したときに訪れると神様の後押しをいただけます

御朱印

御朱印
御朱印

フォトギャラリー

周辺マップ

千歳神社の住所は「北海道千歳市真町1」です。

千歳神社のすぐ近くには、かつてのアイヌの砦である「フレトヒのチャシ趾」があります。

遺構としてはうっすらと空堀の跡が見れるぐらいですが、歴史に興味のある人はついでに訪れてみてはどうでしょうか。