本日のトレード記録です。

今日は新規エントリーを1件実施しました。

今回も昨日と同様、一目均衡表を使ってチャートを分析しています。

なお、取引Lotは1Lot=1000通貨、チャートはすべて2018年12月4日終値時点の日足チャートです。

この記事に書いてある内容はあくまでも僕の主観によるものですので、投資は自己責任でお願いします。m(_ _)m

スイスフラン/円

今日はスイスフラン/円の売ポジションをエントリーしました。

昨日と同じく、一目均衡表の「時間論」と「値幅観測論」の分析をしてみたいと思います。

時間論

スイスフラン/円の日足チャート
CHF/JPYの日足チャート(1)

時間論については、上図のように時間を区切ってみました。

数値に若干のズレがありますが、概ね基本数値の26本ごとに上昇と下落のサイクルが起きています。

すると今は下落トレンドに入ったところのはず。

さらに今日の終値で抵抗帯を下抜けているので、今が売ポジションをエントリーするチャンスと考えました。

値幅観測論

スイスフラン/円の日足チャート
CHF/JPYの日足チャート(2)

続いて値幅観測論ですが、今日は3通りの観測値を出してみます。

E計算値

E計算値は「B-(A-B)」で求め、この場合は「105.050」となります。

V計算値

続いては「V計算値」を求めます。

V計算値は下降トレンドの時に上げた値幅分だけ、間近の安値から切り下がるパターンです。(ちなみに上昇トレンドの時は、この逆です)

V計算値の計算式は「B-(C-B)」となり、この場合の答えは「108.706」となります。

N計算値

最期は「N計算値」です。

N計算値を言葉で簡単に説明するのは難しいので解説は省きますが、この場合は「C-(A-B)」で計算でき、答えは「107.895」となります。

上記3つの計算値から、レートの目標値を「105.050~108.706」に定めました。

新規ポジション

最期に本日の新規エントリーを紹介します。

  • 新規約定値…113.040
  • 売買…売
  • Lot数…10
  • ストップ値…114.820

以上、本日のトレード記録でした。(^^)