この記事では、北海道檜山郡(ひやまぐん)上ノ国町にある「比石館(ひいしだて)」を紹介します。

比石館は「道南十二館」のひとつであり、また比石館の敷地内には「館神社(たてじんじゃ)」もあり、そこから眺める景色が絶景スポットとなっています。

概要

比石館

比石館跡
比石館跡

比石館は海に面した高台で三方を崖に囲まれています。

付近に設置してある説明板によると、この高台が比石館の跡地らしいのですが、この敷地だけだと面積がかなり狭いので、比石館の敷地は本当にこれだけだったのかなという感じです。

比石館が築かれたのは1440年頃、厚谷右近将監重政(あつやうこんのしょうげんしげまさ)が蝦夷地に渡ってきてこの地に築いたとされています。

1457年(康正3年)5月の「コシャマインの戦い」の後、厚谷氏は蠣崎氏に臣従していますが、その際に比石館が再興されたかどうかは不明です。(僕が調べたところ、再興されたと書いてある文献と、再興されなかったと書いてある文献の両方がありました)

なお「比石」はアイヌ語の「ピツウシ」が語源となっていて、「石の多いところ」という意味です。

館神社

館神社の鳥居と祠
館神社の鳥居と祠

軍神であり、そして刀剣の神である「経津主神(ふつぬしのかみ)」を祀っている館神社です。

日本書紀によると、経津主神は建御雷神(たけみかづちのかみ)と共に高天原から出雲に降り立ち、大国主命に国譲りを承知させた神とされています。

フォトギャラリー

周辺地図

比石館の住所は「北海道檜山郡上ノ国町館野」です。

番地までは分からないうえに、Googleマップ上にも比石館、館神社両方とも出てきません。

下のGoogleマップには、比石館のある所とほぼ同じ場所を示している「石崎漁港トンネル」を表示しておきましたので、これを目印にたどって下さい。