この記事では、北海道函館市にある「船魂神社」を紹介します。

船魂神社には函館山七福神のひとつである「福禄寿」や、平安時代末期の武将である源義経の伝説が眠る「義経伝説」など、見所が多数あります。

概要

歴史

社殿
社殿

船魂神社は函館山の麓に鎮座する、北海道最古の神社です。

1135年(保延元年)にこの地を訪れた良忍上人という高僧が海上安全を祈願して観音堂を建てたのが始まりとされています。

本州と北海道に渡る津軽海峡は海流が激しいため、当時は海難事故が多かったようです。

その後江戸時代末期に「船魂大明神」と称し、1879年(明治12年)に「船魂神社」と改称。

社殿については1745年(延享2年)、1848年(嘉永元年)、1907年(明治40年)、1927年(昭和2年)にそれぞれ新築していて、現在の社殿は1962年(昭和37年)に再建されたものです。

なお、その際に鉄筋コンクリート神明造となりました。

現在も函館港の安全と港湾作業に従事する人達の安全と繁栄を願う参拝者が多いようです。

御祭神

御祭神は以下の3柱です。

  • 塩土老翁神(しおつちおじのかみ)
  • 大綿津見神(おおわたつみのかみ)
  • 須佐之男神(すさのおのかみ)

塩土老翁神は「激流の神」、大綿津見神は「海を司る神」、須佐之男神は「八方除、厄除、病気平癒の神」とされています。

御利益

船の守護神、海上安全、大漁祈願、交通安全、開運導きの御利益があるとされています。

函館山七福神「福禄寿」

船魂神社には境内社が多数ありますが、そのうちの一つに函館山七福神のひとつである「福禄寿(ふくろくじゅ)」があります。

福禄寿
福禄寿

福禄寿は人の寿命をつかさどる南極星が神格化した南極老人という神がモデルとされており、幸福・長寿・俸禄の御利益があるとされています。

義経伝説

そして船魂神社は義経伝説の伝わる神社でもあります。

童子岩
童子岩

文治年間の末頃(1190年頃)義経一行が津軽海峡を渡航したとき、遭難しそうになったところを船魂明神の加護で無事上陸したという言い伝えがあり、境内にある童子岩は、津軽海峡の海難を逃れてきた義経一行に湧き水の場所を教えるため童子の神が現れたと言われています。

御神水
御神水

願い事を祈願符に書き記して石鉢の御神水に浮かべると願い事が叶うそうです。

祈願符
祈願符

御朱印

御朱印
御朱印

フォトギャラリー

周辺マップ

船魂神社の住所は「北海道函館市元町7-2」です。