徳島県吉野川市にある川島城に行きました。

川島城は阿波九城の一つに数えられた城であり、周辺には川島神社や川島公園もあるのどかな場所です。

この記事では、川島城の歴史と写真を紹介していきます。

歴史と概要

川島城天守閣
川島城天守閣

川島城は阿波九城(あわくじょう)の一つで、戦国時代に土地の豪族である川島惟忠(かわしまこれただ)が築城したとされています。

天正13年(1585年)に蜂須賀家政(はちすかいえまさ)が入国し、蜂須賀家政の重臣である林能勝(はやしよしかつ)が川島城の城番に当てられました。

ちなみに阿波九城とは、蜂須賀家政が設けた9つの支城のことを指しています。

その後、寛永15年(1638年)に一国一城令により廃城。

現在の川島城天守閣は、昭和56年(1981年)に勤労者野外活動施設として復元されたものです。

なお、近くには川島神社や川島公園もあります。

川島公園入口
川島公園入口

川島公園は静かで見晴らしもいいので、散策するのにも適しているでしょう。

公園からの眺望
公園からの眺望

フォトギャラリー

周辺マップ

川島城の所在地は「徳島県吉野川市川島町川島136-1」です。

最寄り駅は徳島線の阿波川島駅、そこから歩いて約10分程度のところにあります。

駅から城までの道中にコンビニなどのお店はほとんどないので、事前にしっかりと準備していきましょう!