この記事では、北海道函館市にある「千代ヶ岱(ちよがたい)陣屋」を紹介します。

千代ヶ岱陣屋は、箱館戦争時に旧幕府脱走軍の拠点の一つとして使用されていた陣屋です。

概要

中島三郎助父子の墓
中島三郎助父子の墓

幕府が蝦夷地を直轄領としていた1808年(文化5年)、蝦夷地の守備を命じられた仙台藩が箱館における拠点として、亀田村千代ヶ岱に東西約130m、南北約150mの土塁を築き陣屋を置いたのがはじまりです。

陣屋はいったん放棄されましたが、箱館開港に伴い幕府が蝦夷地を再上知した後、蝦夷地の同地区における守備を命じられた弘前藩も1855年(安政2年)、同じ場所に陣屋を置きました。

このため千代ヶ岱陣屋は「津軽陣屋」とも呼ばれており、またこのあたりの地名をとって「千代ヶ岡陣屋」と呼ばれることもあります。

ちなみに千代ヶ岱の「岱」は元々津軽地方の言葉で、丘陵(きゅうりょう)や低山を指しているそうです。

箱館戦争での旧幕府軍による占領後、1869年(明治2年)5月16日、千代ヶ岱陣屋は新政府軍の攻撃を受けて陥落します(これが箱館戦争の最後の戦闘となっています)。

このときの守将は中島三郎助、開陽丸(かいようまる)が座礁したときの機関長も務めていた人です。

現在、千代ヶ岱のあった場所は中島小学校や陸上競技場、野球場などが建てられており遺構としてはほとんど残されておらず、陸上競技場付近の「千代ヶ岡陣屋跡」の説明文の書いてある看板と、高砂通と教育大通の交差点に「中島三郎助父子最後之地」の碑が建てられているのみとなっています。

フォトギャラリー

周辺地図

千代ヶ岱陣屋の住所は「北海道函館市千代台町23-7」です。

町中にあり、交通量も比較的多い場所となっています。