北海道釧路市にある鳥取神社に行きました。

社殿
社殿

元々鳥取神社のあるあたりは、明治17年(1884年)に北海道開拓のため移住してきた、鳥取県の士族によって作られた鳥取村がありました。

村の鎮守の神社がなかったため、明治24年(1891年)に島根県の出雲大社より御祭神の大國主神を拝請(はいしょう)し、創建されたのが鳥取神社の始まりです。

鳥取百年館
鳥取百年館

鳥取神社には、昭和59年(1984年)に建てられた「鳥取百年館」があります。

鳥取村が作られたのが1884年なので、鳥取百年館が建てられたのは鳥取村ができてからちょうど100年目の年になりますね。

外観は3層の天守閣になっていますが、これは郷里の鳥取城をイメージしているのだそうです。

鳥取城といえば、戦国時代に羽柴秀吉が兵糧攻めで攻略した城として有名で、「鳥取の渇え殺し」と呼ばれています。

なお館内には、旧鳥取藩ゆかりの品や移住者の暮らしを支えた生活道具などが展示されています。

御祭神

御祭神は大國主神(おおくにぬしのかみ)です。

大國主神は「だいこくさま」とも呼ばれ、「因幡の白兎」の話が有名です。

なお大國主神は「大己貴神(おおなむちのかみ)」や「大地主神(おおとこぬしのかみ)」などの別名で呼ばれることもあります。

御利益

御祭神である大國主神には幅広い御神徳があり、夫婦・子宝・仕事などのあらゆる良縁があるとされています。

御朱印

御朱印
御朱印

鳥取神社の御朱印は、通常の御朱印の他に大國主神と因幡の白兎が描かれたイラストが見開きでついてきます。

その他、鳥取神社ではオリジナル御朱印帳も販売しています。

御朱印帳の表面
御朱印帳の表面
御朱印帳の裏面
御朱印帳の裏面

御朱印帳の色はピンクで、ここにも大國主神と因幡の白兎が描かれています。

フォトギャラリー

周辺マップ

鳥取神社の所在地は「北海道釧路市鳥取大通4丁目2-18」です。

車の駐車スペースもあるため、車で行っても問題なしです。

なお、車の出入口は道道53号線沿いにあります。